読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望海風斗さんトップスター発表と相手役について

f:id:koedamo:20170405220125j:plain


望海さんの次期トップスターが発表されて1ヶ月たちました。

宝塚を見るようになって3年というビギナーな私には、応援してきた人(たった3年ですが…)がトップスターになるという初めての経験をしています。

私が応援し始めたのは花組エリザベートからなので、すでに脂が乗りに乗ったの海さんを見て好きになった訳です。それでも、公式HPのトップ発表を見た時は、思わず涙が溢れてきました。(仕事中)

ゆるーくゆるーく応援してる自分でさえこんな気持ちになるのに、昔から応援してきた方はどれほどの感動だったでしょうか。うるっときたどころじゃないですよねえ。仕事なんかしてられないでしょうね…


相手役さんには真彩希帆さんということで…

正直、そこに収まるしかなかったよねーという感想でした。


雪組で組んだ娘役さんは、

ルパン3世→有沙瞳さん、

アルカポネ→大湖せしるさん、

星逢一夜→咲妃みゆさん、

哀しみのコルドバ→咲妃みゆさん、

るろうに剣心→なし(過去形かつ一方的に桃花ひなさん)、

ドンジュアン→彩みちるさん、

ケイレブハント→星南のぞみさん、

というくらいでしょうか。


一番しっくりくるなーと感じていたのは大湖せしるさんでした。歌が少し不安だなと感じましたが、大人の女性の雰囲気が望海さんと凄くあってる気がしました。しかしるろうに剣心で惜しくも退団されまして…学年も上でしたしありえなかったのかな…


ルパン三世で組んでいた有沙瞳さん。その時は印象に残らず、逆に演技がちょっと悪目立ちしていたように感じられました。しかし、ドンジュアンでエルヴィラを演じられていたのを見て、歌がこんなに素敵な方だったということに驚きました。こ、これは望海さんの相手役とかあるのかな…??とドキドキしましたが、ドンジュアンでのヒロインは彩みちるさん…すでに娘役ヒエラルキーでは抜かされてしまっていたんでしょうか…??


やはり望海さんの相手役とあれば大人っぽい雰囲気が出せて、歌はある程度歌える方がいいなあと思っていたので、可愛らしい彩さんはないかなーと…(ドンジュアンでマリアを演じられてましたが力不足感否めなかったです…まだ若いというのもあったでしょうが…)

歌えてほしいという観点から、めちゃくちゃ美人ですが星南さんもなしかなーと…


私、桃花ひなさん好きなんですが、そもそもそういう枠に入ってなかったのかな…?と勝手に解釈してます。



となると、雪組にふさわしいと思われる方がいない!だから他の組から呼び寄せよう!というのは納得です。


というか振り返っても、望海さんが組んでしっくり来てるなーと思った娘役さんは、太王四神記新公で組んでた野々すみ花さんのみでした。

(咲妃さんも合わないことはないですが早霧さんの相手役!という強烈なイメージがあるし…)

どんだけ相手役選ぶタイプの男役なんだ…


多分、内部のおじさんたちはすごく悩んだんだろうなと思います。雪組からは適役がいない。他組から探そうとなった時に候補はどなたが上がったんでしょうか…?


かなり独断と偏見でトップ娘役の可能性があるのかしら?な方をあげてみますが、


怜美うららさん→歌が…!

星風まどかさん→幼い…

城妃美玲さん→かわいい系…

音くり寿さん→幼い…

海乃美月さん→??

早乙女わかばさん→??


月組のお二人はまじで知識が無くて分かりません。が、縁もゆかりもないし、爆発的に押されてるイメージもないのでないだろうなと…

星組は娘役全然分かりませんm9(^Д^)プギャー



そこで白羽の矢がたったのが真彩希帆さんなのかな?と。望海さんとは花組で面識があったし、早々に歌唱力を武器に舞台で戦っていた方という印象でした。(明日海さんのディナーショーでの自己紹介的なシーンで、研2でありながら、どやあ!な感じで歌を披露していて衝撃でした)自分の武器を分かって、きっと弱点も分かっていて、だからこそ唯一無二の素敵な声を武器にしようと自己プロデュースとアピールをしっかりやってきた方なのかなーと思います。その押出しの強さで、望海さんの相手役を勝ち取ったようなイメージです。

その押出しの強さが、娘役としてどうなの?ということもほんの少し思いましたが、きっとトップ娘役という立場に収まれば落ち着くのではないかな…と期待しています。望海さん相手には強いままでも大丈夫かもしれないな、とも思いつつ…


やはりブリドリでの声の相性の良さを証明していたのも後押しになったんだろうなと思ってしまいます。

あの時、真彩ちゃんがやりたい役を口にしなかったら、ブリドリでのデュエットも実現せず、相手役に選ばれたとしても非難轟々だったことでしょう…

そう思うとやはり真彩ちゃんのアピールという努力がこのコンビを生んだように思えてなりません。



新生雪組は今の雪組とは、あからさまに別物になるんだろうなあと思います。ドンジュアンを見た時に、あまりに大劇場公演と雰囲気が違うのに驚きました。


組の雰囲気をガラッと変えてしまう、組の顔であるトップスター…

どれほどの重責があるのか、計り知れませんが、望海さんがどうか、楽しんで宝塚生活を駆け抜けられるように…ひっそりと応援しています。